グリーンスムージー 圧倒的一位【最新】

グリーンスムージー の効果はナチュラルで圧倒的一位!グリーンスムージーの好転反応

グリーンスムージーとは

グリーンスムージーの効果はナチュラルで

このエントリーをはてなブックマークに追加   

グリーンスムージーとは一体どんなものなのかと言いますと、緑の葉野菜と果物を、ミキサーに水といれて、スムージー状にする飲み物です。ダイエット効果だけでなく、新陳代謝をよくする効果もあり、肌もきれいになり、美しく痩せる手助けをしてくれます。

 

緑の葉野菜には栄養価が高いビタミンA、Cなどがが多く含まれており、そのほかにも、食物繊維やミネラル、アミノ酸といった栄養素を含んでいます。なお緑の葉野菜は、ナチュラルでこれらの栄養素をバランスよく摂取することが出来るのが特長です。ミキサーを用いることで、栄養素がより吸収しやすくなり、より効果的になります。
なお、食物繊維も多く含まれていますので、便秘解消にも効果があると言えます。

 

また、作る際には少し工夫をすることでより効果的に栄養素を吸収し、効果的になる方法があります。それは、野菜はもちろんキウイなどの皮がやわらかい果物は皮ごとミキサーにかけることです。皮のすぐ下に、高い栄養素を含んでおり、皮ごと摂取することでより多くの栄養素が摂れます。
また、飲む際は前後40分ほど時間を空け、グリーンスムージーのみを飲むとより効果的です。そして、飲むのではなく噛みながら飲むことでより吸収が早くなります。

 

効果的な量は、1日1Lといわれていますが、いきなりそんなに飲めないという方は、最初は200ml(コップ一杯程度)でもかまいません。毎日飲む、という習慣をつけることが重要といえます。そして少しずつ量を増やしていくのが理想的です。野菜や果物の種類は多く入れればいいというわけではありません。入れすぎてしまうと、かえって胃や腸に負荷がかかってしまいます。ですので、慣れるまでは、自分が飲むことが出来る適度な量を作ることをお勧めします。

 

また、冬季など寒い時期に冷たいグリーンスムージーを飲むと冷え性の原因になってしまいかねます。冷えは代謝も下がり、痩せにくい体質の原因にもなってしまいます。冷蔵庫から出して飲む際などは常温になじませてから飲むことで予防につながります。おなかも壊してしまいかねますからね。

 

では何を入れたらよいのかと言いますと、基本的に生の葉野菜と果物ということで、ほうれん草やトマト・レタスなどです(ほんの一部です)。キャベツやニンジンなどは、お腹にガスがたまりやすく効果的ではありません。デンプンが多い食物や、豆類は避けましょう。
果物については、りんごや梨、イチゴ・オレンジなどです。ただ果物の果糖には注意が必要ですので、入れすぎには気をつけましょう。

 

グリーンスムージーを飲むときは、上記のような条件で摂取することで効果的になります。より美しく健康的に痩せたいという方にお勧めです。

グリーンスムージーの好転反応と起こる理由

グリーンスムージー 好転反応

グリーンスムージーは、野菜の、食べやすくはなるが加熱すると壊れてしまうビタミンや酵素の効果を半減させないで取り入れるために、生の野菜をフルーツや水及び牛乳と一緒にミキサーで撹拌して作る飲み物です。

 

グリーンスムージーは食物繊維の老廃物を外に出す力に加えて、ビタミンや酵素が全身の細胞の動きを助ける大腸の調子を整えてくれるので肌の若返りと高いダイエット効果そしてアレルギーの改善そして病気の発症リスクを軽減してくれます。

 

その効果から特に女性に飲まれることが多くなっているのですが、ただグリーンスムージーを飲み続けると個人差はありますが吐き気や頭痛など健康になっているはずなのに変調をきたすことがあります。

 

健康にいいはずのグリーンスムージーで体の調子が崩れてしまうのには、体の内部で起こっている好転反応が関係しています。

 

体は毎日の生活の中で発生する活性酸素などの有害な老廃物を常に外に排出していますが、ただ排出されても常に生み出されているので一定量は残ってしまいます。

 

そこで体は一定量残っている状態であれば体に異常がない限りは、本来は悪い状態であっても脳が症状が現れないように細胞の活動をコントロールしています。

 

しかしグリーンスムージーを飲むことで得られる解毒作用によって少量だけ残っていた物まで外に出ると、脳はこれまで抑え込んでいた活動を抑える必要なくなり活発に動きます。

 

本来は良いことなのですが、ただ、突然働き出した細胞の動きに神経が対応できないため頭痛や吐き気が起きるのです。
健康になっている証拠の好転反応ですが、その状態が重い時には安静にし飲む量を抑えることも大事になります。

グリーンスムージーのダイエット効果とその理由

グリーンスムージー ダイエット効果

グリーンスムージーは、ダイエットとしても効果的です。

 

おいしく飲むことによって、内側からヘルシーに痩せていくことができるので、
まさに理想的な原料を実現化することができます。

 

その理由としてはいくつかありますが、まずは不足しがちな栄養不足を補うことが出来るという点です。

 

野菜や果物類をミックスするのがグリーンスムージーであり、その栄養素には食物繊維やビタミンがたっぷりです。
減量中には足りなくなる栄養素を、豊富なやさいや果物の成分で補うことが可能です。
野菜類には食物繊維が多いため、腸内環境に良い刺激を与えますので、ストックしてしまう不要なものを、体外へと排出がしやすくなります。

 

お腹はすっきりしますし腸内がキレイになればその分体重も軽くなりますし、肌への美肌効果にもつながります。

 

グリーンスムージーに使用する食材は、加熱は行わないで生での調理になります。
生だからこそ酵素は壊れませんので、そのままを効率的に取り込むことができます。

 

グリーンスムージーを作るときには、野菜や果物がたっぷり入りますので、飲むことで満腹感を感じやすくなります。
お腹がある程度は満たされるために、普段よりも食事の量を減らすことができます。
おやつの代わりに飲んだり、朝食をスムージーにしたり、食前に飲むのもいいでしょう。

 

グリーンスムージーを飲むと、糖分や油分の摂取量も自然に減りますので、ダイエットも健康的にしていくことができます。