グリーンスムージーはいつ飲むのが効果的?簡単な飲み方は?

グリーンスムージーはいつ飲むのが効果的?簡単な飲み方は?

グリーンスムージーダイエットの方法としては一食分置き換えダイエットをしてもいいのですが、
それだとダイエットをやめた時のリバウンドが心配されます。

 

効果的に飲もうと考えるのであれば食事の間に少しずつ飲んでいくのがいいでしょう。
この時、食事とスムージーを飲む間を前後40分開けるのが理想だとされています。

 

もし置き換えダイエットで挑もうと考えている人がいたら、このグリーンスムージー以外の食事はちゃんととるようにしてください。
グリーンスムージーは緑の野菜を中心に扱うため、栄養価が高く一杯だけでも十分栄養豊富な飲み物です。

 

デトックス効果もあり体内にたまった老廃物や不要物、毒素を外に出してくれる働きがあります。

 

このスムージーを作るコツとしては果物の皮をそのまま使用するということです。
一見まずくなってしまうのではないかというような疑問も出るかもしれませんが、
果物は特に身より皮に栄養が含まれているということからです。

 

さらに、ダイエットをするうえで気になるのは、リバウンドしてしまうのではないかということですが、
このスムージーにはビタミンやミネラル、ポリフェノールなどが含まれていて新陳代謝や基礎代謝をあげてくれる働きもあるので、リバウンドはしにくいといってもいいのではないでしょうか。

 

もし飲もうと思っている人がいたら朝に飲むのがおすすめです。

 

スムージーに含まれているビタミンやポリフェノールが紫外線やストレスから肌を守ってくれる働きがあるからです。
もし試そうと思っている方がいたら、是非朝に試してみてください。

スムージーの簡単な飲み方

健康、美容に最適な簡単なグリーンスムージーです。
野菜が嫌いな方でも、簡単に始められます。
野菜と、果物に、水や豆乳やヨーグルト、100%のジュースなどを混ぜて作るだけです。
本当に難しくないんです。

 

今、冷蔵庫の中にあるものを見てみましょう。トマトや、ほうれん草は、ありますか?
高価な果物もいりません。種類も量も沢山いりません。
2種類、3種類あるだけで、手軽に作れます。
自分のお好みの味を、探してみるのもいいですね。
一番大事なのは、毎日続けることです。

 

簡単なのは、朝食代わりに飲みましょう。グリーンスムージーには、ルールがあって、
飲む40分前後は、食事をとってはいけません。
でも、朝食に飲んでしまえば、簡単ですよね。
味も、工夫して、少しずつ変えていくのもいいですね。
割合は、フルーツとグリーンが、6対4ですが、慣れないうちは、フルーツを多めにしても大丈夫です。

 

毎日、新鮮な野菜や果物を、準備するのは、大変ですよね。
そういう時は、セールの時に買って、冷凍保存もできます。
洗って、切って、冷凍保存袋に入れて、冷凍するだけで大丈夫です。
生姜を、1片か、チューブの生姜を少し入れてみましょう。
女性の方は、冷え性対策にもなります。
楽しんで、毎日続けましょう。