グリーンスムージーにおすすめの食材

グリーンスムージーにおすすめの食材

グリーンスムージーは、ビタミンやミネラルが気軽にとれることで、若い女性を中心に人気を集めています。

 

グリーンスムージーは、野菜や、果物を混ぜ合わせるだけで簡単に作れるので、朝食にも人気です。
食事からはとれない栄養素を気軽に摂取できます。

 

グリーンスムージーにおすすめの食材は、りんごや、バナナ、みかん、キウイなどの、果物を入れるのがおすすめです。
不足しがちなビタミンを補ってくれ、食物繊維も豊富に含まれているので、便秘の解消にも効果があり、肌の調子を整えてくれる働きがあります。

 

食材に葉物を加えることで、ビタミンや、不足しがちなミネラルを豊富にとることができます。

 

小松菜や、ホウレン草、セロリ等、食事ではたくさんの量がとれないものでも、
グリーンスムージーに入れることで、たくさんとることができます。

 

そのまま食べるとクセがあっても、果物と混ぜることで、甘味が抑えられて、スッキリとした味わいが楽しめます。
セロリを入れると、味がよりひきしまって、アクセントになります。
苦みも気にならないので、果物の甘さと調和して飲みやすいスムージーが出来上がります。

 

小松菜は、ミネラル、鉄分も豊富に含まれているので、肥満予防にも効果があります。

 

特に女性は鉄分が不足しがちなので、小松菜を加えることで、鉄分不足を解消できて、貧血の予防にもなります。
ホウレン草にも鉄分が含まれているので、食材としておすすめです。

 

あくが気になる人は、お湯で湯がいてから入れるといいでしょう。
毎日の1杯で健康的な生活を送りましょう。

何となく適当に作ってはダメ!グリーンスムージーにNGな材料を知っておこう

皆さんはグリーンスムージーを飲んだことがありますか?ダイエット効果などで、大変話題になっているグリーンスムージーは、デトックス効果も期待できると言われています。

 

グリーンスムージーを飲んで、ダイエット効果やデトックス効果を得る為には、まず素材選びが大切です。正しく作って正しく飲む事で、グリーンスムージーの効果は実感出来るもの。その為にはグリーンスムージーに適した食材と、そうでないものを知っておくようにしましょう。

 

一般的にグリーンスムージーに適している食品は、ほうれん草や小松菜、ケールなどの葉野菜とバナナやみかん、リンゴなどの果物です。
逆にスムージーを作る時、入れてはいけない野菜もあります。キャベツ、にんじん、おくら、じゃがいもなどがそうで、これらの野菜にはでんぷん質が含まれており、スムージーを作るとお腹の中でガスが溜まり易くなるため、原則的にNGとされています。キャベツがNGというのは、ちょっと意外ですね!
また、ヨーグルトや牛乳などと混ぜたくなる所ですが、これもNGです。これらの食品にはタンパク質が含まれている為、一緒にすると野菜や果物の栄養分が吸収されにくくなってしまいます。

 

基本的には葉野菜とフルーツと水をミキサーにかけるという事を、しっかり覚えておく事をお薦めします。何となく見よう見まねで作るのではなく、きちんと効果を実感できるスムージー作りを目指したいものですね。